鈴木メモ

Illustratorの練習メモとか、作ったものとかのブログです。

*

アピアランスで古い紙のフレーム

      2015/08/16

131111-map-topx.png

海賊の宝の地図みたいな端が破れた古い紙。
ギザギザはブラシとラフの組みあわせ。
 

古い紙の作り方

アピアランスでメモ帳・ギザギザフレームのギザギザとほぼ一緒です。ブラシを上に乗っけて、パスファインダで抜く。
詳しい解説は省略するのでデータを見て下さい。
大体のポイントだけ↓。
・ブラシは三角をいくつか並べてアートブラシに登録。
・形を整えるには効果ラフで端をがたがたに、ワープ膨張をマイナスで凹ませています。波打たせたい時はワープ旗も。
・フチの日焼けしたような色を付けるには効果スタイライズ光彩(内側)。
・両端の巻いた部分は別オブジェクトの四角パスです。これも効果で変形してます。
131111-map-1.png
拡大縮小してもギザギザがついてきます。
(四角がすごく細い場合はブラシに無理が出ます。)

ダウンロードデータ

cs5です。フリー素材。
→古い紙のフレームをダウンロード(cs5)
白いのとブラシ無しも入ってます。
131111-map-2.png
○伸び縮みさせる前に。
Ctrl+Kで環境設定パネルを開き、「線幅と効果も拡大縮小」のチェックを外しておいて下さい。(ギザギザの大きさなどが変わらないようにする)
○よく分からなくなったら
前面オブジェクトで型抜きのオンオフをしてみると効果が分りやすいかも。
○入稿の際は
オブジェクト-アピアランスを分割して下さい。
作った感想)
イラレで作るとムラを出しにくいのでリアルなのは難しいです。
形ができたらアピアランス分割してPhotoshopで雲模様とかを色々やるとそれっぽいかも。
端の巻物っぽくクルっとした部分は今回ごまかし気味です。クルっと感重視なら3D効果使って形を作ったほうが良さそうです。

 - Illustrator