鈴木メモ

Illustratorの練習メモとか、作ったものとかのブログです。

*

太めの手描き風日本語フォント『パンダベーカリー』を作りました

      2019/05/19 お知らせ, フォント

フォントが完成しました!

漢字がたくさん入った太めの日本語フォントです。
自分の描く、普段のカジュアルな描き文字のようなデザインです。制作当初はハッピーバースデーフォント(仮)と呼んでましたが、タイトル被りが頻発しそうなのでほのぼのしててかわいいものからの連想でパンダのパン屋さん=パンダベーカリーフォントという名前にしました。上の見本画像は架空のパン屋パンダベーカリーのPOPのつもり。
デザインポケットさんのページで販売を開始しました。

なんで作ったの?

描き文字がキーボードで打てたら面白いかなと思って2014年ごろに作りはじめました。
前にしろくまラインスタンプで書いているような普段の字です。私の字は濁音と半濁音が大きめです。

初期案と比べてみると多少形が整っています。

どうやって作ったの?

パーツを重ねず、文字の外周をぐるっと囲むようにイラレのペンツールでパスを引いて制作しました。

作業環境はWindows+イラレCC2018+武蔵システム(https://opentype.jp/)のTTEditです。悪戦苦闘してる経過はフォントカテゴリに記事があります。

どんな文字?

●見出しにも使える太め文字です。


●漢字は大きめ、ひらがな・カタカナ・数字はぎゅっと小さめのサイズです。文字の大きさにかなり差があるので、でこぼこしたリズムのある並びになります。

●漢字がたくさん入っています。(第一水準、第二水準、IBM拡張まで含めた約6,700漢字)日常で使う文字はほぼカバー出来ます。第二水準漢字にも苺・珈琲・贅沢など使用頻度が高いものがあるのでがんばりました。第二水準ってどんな単語が打てるのかはこちらの記事にまとめました。

●2004字形に対応しています。(収録は第2水準漢字まで)

●半角・全角カタカナ・全角ひらがなはプロポーショナルフォントです。漢字は自動で詰まりません。文字が詰まって気になる時はIllustratorなどのソフトでカーニングをオプティカルにしてから、トラッキング数値を広めにして使ってください。

●ペアカーニング情報は持っていません。VALENTINEのVAなどの隙間の間隔が気になる時は手作業で詰めてください。
●縦書きにも対応しています。

どんな風に使うの?

ほのぼのとした手作り感のあるフォントなので、絵本や児童書、学習教材、料理やDIYなど手づくりジャンル、飲食系パッケージ、キャラクターイラストとの組み合わせなどに使ってもらえたらいいなと思っています。

 

ゆるっと・かわいく・ほのぼの・まじめに・漫画風・話し言葉に。

Illustratorで角を丸くしたりパーツを丸に変えたりといった変形加工もOKの規約です。

チラシやポスターなどの一般印刷物に加えて、ステッカー・スタンプ・Tシャツなどの立体制作物への使用もOKの規約です。

収録文字について

【入っているもの】
収録文字7345文字
ひらがな・カタカナ・アルファベット・数字・一部の記号・一部の縦書き文字
漢字(JIS第一水準・JIS第二水準・IBM拡張漢字)
【入っていないもの】
半角カタカナ・半角ひらがな・αβω以外のギリシャ文字・ロシア文字・歴史小説に出てきそうな難しい漢字・㌠などの単位記号・顔文字に使うような記号
【その他】
・半角と全角の文字デザインは共通です。

・輪郭線の曲線パスの歪みや直線パスの水平ズレは、手描き風のため仕様です。
・はねや払いなどデザインとして省略しているものもあります。

ライセンス・試し打ちについて

デザインポケットさんの販売ページでライセンスを確認できます。なるべく商用で使いやすいようにと考えましたが、フォントの利用範囲はとてもジャンルが幅広いのでご購入前に目を通してくださるようお願いします。

お試しプレビューがあるので好きな言葉を試し打ちできます。

漢字入りフォントを作ってみた感想

・世の中のフォントに対して謙虚になった。明朝とか絶対作れない。
・第一水準は亜(あ)~腕(わ)の並びなんだけどサ行がいつまで立っても終わらなくて不安になる。
・文字数のカウント方法でつまづきがち。(そもそも漢字と記号の違いは…縦書き用の文字とは…サロゲートペアとは…とか)
・2004字形(N付きフォント)と90字形の違いとかAdobe-Japan1-3とかの規格が分からなすぎて大苦戦。
・記号が難しい。ダッシュ、ハイフン、チルダ、漢数字の丸…。
・1.5水準漢字があればいいのにと思うほど、第2水準漢字は初めて見た漢字が多い。
・フォント制作の参考になる記事やスクリプトなどのツールをネットに上げてくれている人や各種書籍がありがたすぎる。
・太いフォントを作ったつもりでも離れてみると細く見えるので思い切り太くしないとそれっぽくならない。とくに画数の多い漢字は細くなりがちでかなり修正した。
・修正がエンドレスになるので7000字×2回位書いた気がする。一回で決められない。
TTEdit(フォント作るソフト)がありがたすぎる。
・こつこつ漢字を書くのは楽しいけど、完成させて有料販売するのには気合が必要。
・次は細めの手書きフォントを作る。