鈴木メモ

Illustratorの練習メモとか、作ったものとかのブログです。

*

Illustratorでビスケットを描く方法

      2015/08/15

130317bk-top.png

Illustratorでビスケットを描く方法です。
作例は前回記事ビスケットのイラストとグラフィックスタイルからダウンロード出来ます。

手順の概要

ビスケットのふちの丸みはブレンドやブラシやコピー&整列など色々な方法で作れます。
ここではcs5からの破線の角を揃える機能を使って、塗りと同じ色の線を点線にする方法で作ります。
破線の調整オプションについてはこちらのAbobeさんのページが分かりやすいです。
(それ以前のバージョンの方は点線の角がきれいに出来ないので従来通りブレンドやブラシでの方法がおすすめです。)
こんな感じでつくります。
・線を点線にしてフチを波型に
・光彩(内側)でフチからのグラデーションを付けて焼き色に
・アピアランスを使って点線を二重に重ねて立体的に
★Illustratorの上の「ウインドウ」からアピアランスを選んでアピアランスパネルを表示させておいて下さい。

ビスケットのシルエットを作る

●丸と四角と文字のBを用意します。
(3つとも同じ方法で作ります。1個でも出来ます。)
130317bk-1.png
●塗りと線をM20Y45の同じ色にします。
線を破線にします。線幅4mm間隔3mm先端ラウンド。「調整オプション」は右側の角揃えに。
130317bk-2.png
130317bk-2b.png
●線を二重に重ねます。アピアランスパネル左下「新規線」で線を増やし、一番下へ。
M35Y65のちょっと濃いオレンジにし、破線に。線幅5mm間隔3mm先端ラウンド。「調整オプション」は右側の角揃えに。
130317bk-3.png
130317bk-3a.png
●さっきの線をちょっとずらします。アピアランスの線の行を選択し、パネル下fxをクリック。新規効果-パスの変形-変形。水平0.3垂直0.6mmずらします。
130317bk-4.png
130317bk-4a.png
●焼き色を付けます。またパネル下fxをクリック。新規効果-スタイライズ-光彩(内側)。
色の四角をクリックしてM20Y40を設定。乗算、ぼかし6mm、境界線にチェックを入れる。
130317bk-5.png
130317bk-5a.png
●今までのオブジェクトとは別にビスケットの点々を描きます。丸と四角用は線を破線に。線幅1mm間隔7mm先端ラウンド。英字用には正円を描いて塗りに。茶色にしたいので色はC0M55Y90K10%。
130317bk-6.png
130317bk-6a.png
●それぞれをCtrl+Gでグループ化。
130317bk-7.png
●整列パネルを使い、それぞれ中央揃えして出来上がり。
130317bk-8.png
フチの丸の大きさはアピアランスパネルの線をダブルクリックでいつでも調整できます。
見た目どおりのパスが欲しい時はオブジェクト-アピアランスを分割でできます。
前回記事のビスケットのイラスト素材のビスケットは全部この方法を応用して描いています。

130317-biscuit-top.png

2012/11/3追記:
ビスケットの破線の応用で簡単なレースっぽいフレーム。131103-bis-1.png
131103-bis-2.png

 - Illustrator , , ,