鈴木メモ

Illustratorの練習メモとか、作ったものとかのブログです。

*

Illustratorで風景のようなパターン

      2016/01/27

160116-sirokumatop
Illustratorのパターンオプション(cs6~)を使うとモチーフ同士の重なりが簡単にできます。これを活かして、風景のように連続するイラストパターンを試してみました。

キャラクターが歩いているように見せるには

同じしろくまモチーフですが、右のパターンがいちばん風景っぽく見えます。
160127-mati-03風景っぽく見せるコツは
①モチーフの一部が重なるように並べる
②地面になるスペースをあける

これはしろくまを「レンガ」並びで重なるように並べています。
160116-41

複数のキャラクターが歩いているように見せるには

キャラクターが複数いるとより風景っぽくなります。これは4つのしろくまを「六角形」並びで重なるように並べています。
160116-01
160116-sirokumatop

(作り方)
●オブジェクト-パターン-作成でタイルサイズとモチーフ位置をドラッグで動かして調整します。
160127-mati-02
●モチーフの重なりがおかしい場合はパターンオプションで調整します。
160127-mati-01

街並みのようなパターン

アイソメイラストにも向いてそうなのでこれもやってみました。

家や木のパーツを描いて「六角形」並びで重なるように並べています。
家は正面だけ描いて、イラレの3D効果のアイソメで立体にした後色を調整しています。
160116-11
160116-greentop

考え方

立方体のアイソメ図(=六角形)オブジェクトを「六角形」ならびにするとこんな感じに並びます。
160116-31
オブジェクトを増やして立体感をつけてみます。
オブジェクトの隙間を地面として扱います。地面に落ちる影はグレー乗算。
地面の黄緑色はパターンに入れずに、後からアピアランスで塗りを増やして下に重ねています。
160116-32
木を描いたりすると風景っぽい。
160116-33

 - Illustrator , ,